研究開発事業
Services and Products

研究開発事業

「ソフト屋のハード使い」として

HiSCでは、自主事業として、ハードウェアとソフトウェアを融合した新しいサービスの開発を継続して行っております。
「ソフト屋のハード使い」として、ソフト屋がリーチし易いプログラマブルICを用いたIoT(“もの”のインターネット)を実現するデータ通信機器の自社開発や、得意なソフトウェアサービスと融合することでこれまでに無い、革新的なサービスを企画・開発しています。
ソフト屋がハードウェアを扱うことで、足し算ではない、かけ算の相乗効果による強みを発揮します。

Image

補助金採択実績

平成25年度小規模事業者活性化補助金
送用機材の効率的な運用・管理の為のシステムアプライアンスの開発
平成25年度補正中小企業・小規模事業者ものづくり・商業・サービス革新事業(ものづくり、商業・サービス)
「プログラマブルICによる汎用データ送信モジュールと受信クラウドの開発」
平成28年度サポイン事業(戦略的基盤技術高度化支援事業)
「業務車両オペレータの安心・安全な労働環境実現のための統合バイタル情報解析システムの研究開発」

最近の研究開発

最近の研究開発